コンディショニング

汗をかくことはダイエットや運動のバロメーターには使えません!

Pocket

こんにちは!
茨城県守谷市 Pilates & Conditioning Studio(ピラティス&コンディショニングスタジオ)のHanaeです。

⇒HANAEの想い
⇒料金・メニュー表
⇒予約状況
⇒お問い合わせはこちら

汗をかいたことで「運動をしたぞ~」とか、「ダイエットになるぞ~」と思う方がいるようです。なので汗をかかないと運動をした気分になれなくて効果がないっと思ってしまうようなのです。ホットスタジオに勤務もしているので、汗をかくことが体にとってどんなメリットがあるのかをご紹介していきましょう。

スポンサーリンク


汗と運動の関係

運動をすると汗が出てきますよね。あとは夏の暑い日も汗が出てきます。緊張したときにも嫌な汗をかきますね。汗は運動をした時にでてくるものだと思っている方がいるようですが、実はそうではないときにも汗はかいています。

ではなぜ運動すると汗が出てくるのでしょう?それは、体が熱くなったからです。そもそも汗は、体温調節をしするためにかくものなのです。ですから夏の暑い日は動かなくても汗が溢れるようにでてきますし、緊張している時は体が硬直している時、すなわち体が力んでいる時なので汗が出てくるのです。

つまり、汗をたくさんかいた量に比例してカロリーが消費できているという判断をするべきではないのです。また、汗をたくさんかいている人のほうが、トレーニングを頑張っているということでもないのです。汗は、どれだけ激しく運動しているかではなく、体温調節を示すものです。この2つは関連してはいますが、別のものです。

実際にトレーニングをして汗をかくことで体重が減るということはあります。しかしそれは水分補給をすると、飲んだ分だけ体重は戻ります。体重を気にして、汗をかいても水分補給をしっかりしないことは健康上とても危ないことです。汗をかくために体はエネルギーを使っています。汗をかいたらその分のミネラルや水分を摂取するようにしましょう。

 

汗腺トレーニングとは?

よくホットスタジオなどでは「汗腺トレーニング」というのを打ち出しています。これを汗をかくトレーニングをすることでダイエット効果があるという誤った意味で捉えてしまうようです。実際は汗をかくこと自体をトレーニングすることを指します。汗がかきにくい方がかけるようになるっという具合です。

汗をかくメリット

  • 汗腺の活性化
  • 自律神経の調整
  • 体の水分の入れ替え

スポンサーリンク



1つめの汗腺の活性化についてですが、私たちには汗を出すための穴があります。毛穴と同じようにそこが詰まってしまうと汗が出なくなってしまいます。またその詰まりがさらなる汗のかきにくさにつながり、老廃物を溜め込むようになりむくみや体のだるさの原因へとつながっていきます。また、久しぶりに汗をかいた時に臭うのもここに原因があります。汗を定期的にかくことによって汗腺を活性化させておくことができ、それは体の循環を良くすることの一つなのです。

2つめの自律神経の調整については、汗をかくというのは体温を一定に保とうとするホメオスタシス(恒常性)という機能の枠組みの1つです。生体がさまざまな環境の変化に対応しながら、体の中の状態を一定に保って生存を維持する現象することをホメオスタシスといい、私たち人間もその機能を持っている動物です。これが以前にも呼吸のブログにて自律神経について 説明したの調整につながります。普段クーラーなどの温度調整をしてくれる環境にいすぎると、体温調整をすることが鈍くなり、すなわちそれは自律神経の調整が鈍くなるとことを指しているのです。汗をかくことでこの自律神経を調整することにつながるのです。

3つめの体の水分の入れ替えについてですが、私たちの体は約60%水分でできています。半分水分でも固形で居れるってすごいっと私はおもっているのですが、血液でもあり、細胞の中のうるおいでもあり、胃液や唾液、汗、尿、便などに含まれています。ならべく老廃物は尿や便、そして汗などで体から排出するのが好ましいのです。そして新しく綺麗な水分を口から含んでいきます。この循環が流れるようにできていると浮腫みにくくなります。汗をかくというのはこの循環の1つでもあるのです。

 

汗はかいただけいいの?

汗をかくことはいいことです。汗をかかないで体の循環を止めてしまうよりは、です。さて、では汗をかけば体が熱くなっているということなのだから、「やっぱり汗かいている方が運動強度が高くて、代謝が上がっているから、ダイエットになるのでは?」と思うようです。

体が暖かくなれば汗はかけるので、重たいものを持つウエイトトレーニングでも、ピラティスのようなインナーマッスルを鍛えるものでも汗が出てきます。しかし、かけばかいただけいいというわけではありません。

汗をかくデメリット

  • ミネラルも出ていく
  • やったつもりになる
  • 清潔を保つ必要がある

スポンサーリンク



1つめは「ミネラル」も汗と一緒に出ているということをご存知でしょうか?汗はただの水ではなく、体の組織からでてきた液体です。子の中にはカルシウム、マグネシウム、亜鉛、鉄分、またはスポーツした場合にでていくミネラルもあります。これらが不足すると骨や歯をもろくすることがあり、貧血を起こしたり、イライラしたり、疲れやすくすることもあります。過度に汗をかくとこのような症状を招くのです。汗をかいたのであれば水分と塩分やミネラルを含んだ食事を心がけましょう。

2つめの「やったつもりになる」は汗をかくとすごくスッキリしますよね。浮腫んでいた場合などは浮腫みの原因の水分が抜けて体が軽くなったように感じると思います。しかし、汗をかきやすい人や、暑くなりやすい方は思っているより動いていない場合があるのです。また汗は体温調整のためにかいているので、大きな筋肉(アウターマッスル)を使えば使うほど出やすくなります。姿勢を保ったりなどためには体の奥からホカホカとするような運動をするのがおススメです。汗をかいているかよりも、効果を出したいところが効いているかを忘れないようにしましょう。

3つめの清潔を保つ必要があるは、汗にはミネラルのほかに老廃物を排出する機能も持っています。ネバネバとした粘りのある汗をかくと、蒸発するまでに時間がかかり、雑菌が繁殖しやすくなります。こうなると、繁殖した雑菌によって汗から悪臭を放つ原因になります。また汗をかいた衣類はすぐに洗うのがおススメです。衣類の上で雑菌が繁殖してしまうからです。汗をかくと気持ちがいいですが汗をかきっぱなしにすると体を冷やすことにもつながるので、すぐに拭くようにしましょう。

 

汗で運動やダイエットは測れない!!まとめ

汗の役割を分かっていただけたでしょうか?汗は体温調整のためにかいています。運動を正しくできたかのバロメーターにはなりません。そして、汗をかいて痩せた分は体内の水分量を約60%をたもつことを考えると、水分を取って元に戻した方がいいのです。汗を大量にかくこと自体にはダイエット効果や運動の効果を裏付けることはできません。

しかし、程よく、コンスタントに汗をかくことでストレス発散になり、老廃物の排出や、体の水分のめぐりを良くすることにつながります。無理をせず、「気持ちがいい」と思える範囲で汗をかいていきましょう!!

 

*初めての方へ

当スタジオではあなたらしい理想の体へのサポートをしています。
当スタジオのパーソナルレッスンにご興味のある方、体験レッスンのご案内をしております。
体験レッスンは通常60分7,200円のところ、90分7,200円です。
⇒お問い合わせはこちら
⇒予約状況はこちら

 

★守谷整体院にて、グループレッスンを開催しております。★
次回は10月19日です。守谷ピラティスグループレッスン次回10月詳細

 

★スペシャル講座開講決定!!★
10月27日に行われることが決定しました!詳細はこちらのブログへ
女性なら知っておきたい!しなやかな骨盤と背骨の基礎知識講座の予約開始

Pilates & Conditioning Studio Hanae

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です